ふくい歯科クリニックホームインプラント手術

ンプラント手術

インプラント手術
インプラントとは、虫歯や歯周病、ケガなどによって失われてしまった天然の歯を補うための方法のひとつです。

歯の失われてしまった部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根(ねっこ)を埋め込み、それを土台として、上に人工の歯を取り付けます。
骨と完全に結合したインプラント体の上に取り付けられた歯は、入れ歯やブリッジとは違ってその歯自体が顎の骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることはなく、天然の歯に近い噛む力と耐久性、審美性を得ることが出来ます。
入れ歯やブリッジは、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることに繋がります。
インプラントとは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。
周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながるのです。

しかし、この治療法は外科手術であるため、安易に行える手術ではありません。
残った骨の条件によっては、埋め込む人工歯根の長さや方向が限定されてしまうことがあります。
また、その周囲には大事な血管や神経が位置しているため、耐久性だけを求めて安易に長い人工歯根を無計画に植えることは危険を伴います。


当院ではそのような条件の患者さんには、かならず医療用CT検査を受けていただきそれによって得られる3次元画像をもとに的確な、方向・位置にインプラントを植えるための術前シミュレーションを行います。
インプラント手術


シミュレーションに従い、決められた位置・方向に決められた長さのインプラントを植立します。 インプラント手術

↑このページのトップに戻る



来院される方へ] [主な病気について] [インプラント手術] [交通案内] [公的助成金制度のご案内] [最新の機器 院内設備] [診療案内] [よくある質問] [院長あいさつ